HOME > ウッドデッキのコラム > ウッドデッキの楽しみ方 > 縦格子とヘリンボーン柄風のフェンスが素敵なイタウバのウッドデッキ #42『岡田様』

バーベキューをしたい方へ!ウッドデッキを設置するときの注意点とは!?


「ウッドデッキを作って、楽しくバーベキューをしたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、ウッドデッキでバーベキューをする際の注意点をご紹介します。


火事にならないように注意


バーベキューをする際に最も気をつけたいのは、火事の発生ですよね。
まずは、火種の落下に注意してください。
ウッドデッキは木でできているため、火種が落ちるだけでも非常に危険です。
コンロから炭を取り出す際に、うっかり落としてしまうと危険なため、ウッドデッキに直接コンロを置かないようにしましょう。
また、火種がウッドデッキの下に入り込み、知らないうちに床の裏側が燃えているということもありえます。

バーベキューコンロを使う場合は、ウッドデッキの上に直接置くと危険なため、レンガやモルタルを使用して調理場を作りましょう。
床面を木材から、レンガやモルタルの素材に変更することをおすすめします。
木の上で調理するよりも、汚れがつきにくく、掃除もしやすいというメリットもあります。
さらに、片づけ後の消火は念入りに行いましょう。
灰や炭の表面だけでなく、表面を避けてしっかりと中身まで確認しましょう。
2
3回は必ず確認しましょう。
火事が起きてからでは遅いため、対策は慎重すぎるぐらいに行いましょう。


火事対策以外の注意点


バーベキューを行う際のおおおよその人数を計算して、ウッドデッキの広さを決めましょう。
コンロや調理場で火を使うため、十分なスペースが確保できていないと、やけどなどの怪我をするかもしれませんよね。
十分な広さを確保して、安全にバーベキューをしましょう。
広さは、45人であれば6畳ほど、78人ならば8畳ほどが目安です。
人数に加えて椅子、テーブル、コンロも必要になるため、これらを想定して広さを決めましょう。



ウッドデッキの材質には気をつけましょう。
バーベキューをした後に、汚れが落ちずシミが残ると残念ですよね。
そのため、ウッドデッキには汚れにくく掃除しやすい素材を使いましょう。
最近では、油汚れがつきにくいものや、ワインやバターがシミになりにくい素材があります。
防汚性の高い素材でウッドデッキを使いましょう。


まとめ


今回は、ウッドデッキでバーベキューをする際の注意点をご紹介しました。
バーベキューのことだけでなく、近隣の方への配慮を忘れずに楽しんでください。
汚れにくい、掃除しやすい材質の木を求めている方は、ぜひ当社までご連絡ください。

 


ユージさんのYoutube企画に協力しました!
メッシュフェンス用簡単フェンス材 特別価格
メッシュフェンス用の簡単取付けフェンス材(さくさくエクステリア使用)
道具なしで、誰にでも簡単に取付けできるおしゃれな木製フェンス材です。
枕木 アプローチや花壇に最適
耐久性抜群ウリン(アイアンウッド)製の枕木です。
アプローチや飛び石、花壇や家庭菜園の土留めに最適です。
高級天然木サイクルスタンド(レッドシダー製)
耐久性抜群のレッドシダー製サイクルスタンドです。
「ナチュラル」「ホワイト」「ダークブラウン」の3色からイメージに合わせてお好きに選べます。
latba.banner790
耐久性抜群のセランガンバツ製ラティスフェンスなら、無塗装メンテナンスフリーでも約20年の耐久性が期待できます!
卒業記念 テーブルベンチキット
【卒業記念品】ガーデン テーブル&ベンチ 簡単組立キット
せっかくの卒業記念品なので、卒業生自らの手で作りませんか。
pickmaximum

 塗りやすく非常に高い防水、防カビ、紫外線防止効果を発揮する水性の木材保護塗料です。

 「スーパーデッキ」に代わる弊社イチオシのウッドデッキ用塗料です。

重ね塗り不要!木材保護塗料「スーパーデッキ」
木材を長持ちさせるためにオススメの「スーパーデッキ」のご紹介です!1度塗りで撥水性、耐久性に非常に優れた塗料です。カラーバリエーションも豊富!
皿取錐
非常に硬い木材は、ビス止めの際、下穴とともに、ビスの頭部分も一緒に皿取り加工することが必要です。「皿取錐」なら一撃でビスの皿取り加工が可能です!
硬質木材専用ビス
硬い木材用に開発された、ネジ切れを起こさない専用ビス「錐込隊長」をご紹介いたします!
ラティスフェンス
ウェスタンレッドシダーでつくられた、大型ラティス(フェンス)です!あらゆるシーンでご利用いただけます。
ステンレスコーススレッド
ステンレス製のビス「ステンレスコーススレッド」のご紹介です!木材の腐食もおさえられます!
ジャパン・ウッドパネル
お問い合わせフォーム
お問い合わせお見積り依頼書