劇的な勝利に終わったワールドカップアジア最終予選イラク戦を終えて想う、日本協会幹部による英断を強く期待します!

こんにちは。ウッドデッキ材専門店『サニーウッド』代表のキノシタです。

昨日のロシアワールドカップアジア最終予選のイラク戦、後半アディショナルタイムでの山口蛍による劇的な決勝点は、ここ最近の最終予選では忘れかけていた、ワールドカップ予選の厳しさ、生きるか死ぬかのギリギリの痺れる展開、その醍醐味を思い出させてくれたゴールでした。

後半アディショナルタイム山口蛍の劇的な決勝点で勝利した日本代表

後半アディショナルタイム山口蛍の劇的な決勝点で勝利した日本代表

日本がワールドカップに初めて出場するまでに味わった屈辱の時代や、「ドーハの悲劇」、「ジョホールバルの歓喜」を経験してきたボクたちの世代にとっては、アジア最終予選はここ最近、なんだかもの足りないものになっていたのかも知れません。

しかし今大会はあきらかに状況が違います。

初戦をホームで落とし、「初戦を落としたチームが本大会に出場できた確率は0%」という現実を突き付けられて尻に火が付いた状況は、劇的勝利した昨日の試合の結果を持ってしても何も変わっていません。

順位で言えば未だグループ4位と、強豪オーストラリア・サウジアラビアとのゲームを未消化でのこの順位というのは、悲観的にならざるを得ません。

心のどこかで、過去の苦しい時代の様に、ハラハラドキドキした痺れる展開の最終予選を期待しているのですが、それは本大会には絶対に出場できると、代表チームのことを心から信じることができたからです。
残念ながら今の代表チームを心から信じることは困難なんです。

なぜ愛する代表チームを信じることができないのか・・・

それは、監督のやりたいサッカーが見えてこないから。

ハリルホジッチ監督の唱える、「デュエル」や「インテンシティ」という言葉で表される、局面での個の強さや縦への速さを要求しすぎるあまり、本来日本人選手の得意とする、「連動制」や「俊敏性」といった良い面を活かした、いわゆる「人もボールもよく動く」といったサッカーがすっかり影を潜めてしまっています。

チームの戦術は、あくまで監督が決めるものですが、このままコンディションの整わない海外組中心のメンバーを使い続け、今後も日本人選手の長所を活かした戦術への変更が期待できないのであれば、次節のオーストラリア戦の結果に関わらず即刻、日本協会幹部の英断を強く望むところです。

ハラハラドキドキした痺れる展開の最終予選は望むところですが、日本がワールドカップに出場できなくなるなんて絶対に耐えられません。

正直、監督なんて誰でもいいので、強い日本代表を復活させてほしいと願ってやみません。


The following two tabs change content below.
木下憲治(キノシタケンジ)
和歌山県海南市のウッドデッキ材専門店『サニーウッド』代表のキノシタケンジです。お届けする商品は木材ですが、本当にお届けしたいものは『つくる楽しみや感動体験』『お客様とそのご家族の笑顔』です。日本中に笑顔とウキウキ・ワクワクをお届けします。 趣味は、サッカーとマラソン。日本サッカー協会公認C級コーチ・3級審判員、 1級エクステリアプランナー
木下憲治(キノシタケンジ)

最新記事 by 木下憲治(キノシタケンジ) (全て見る)

SNSフォローボタン