HOME > サイディング製品についての詳しいアドバイス

サイディング製品についての詳しいアドバイス

ベベルサイディング=ヨコ張り

ADVICE.1 釘打ち

重ね部分に釘を打たないで、重ね部分のすぐ上(約5mm)に打ってください。【図1参照】

ADVICE.2 重ね幅一覧

重ね部分に釘を打たないで、重ね部分のすぐ上(約5mm)に打ってください。図1

製品番号 重ね幅 釘打ち箇所
BE-19165 25mm~28mm 1ヶ所
BE-19125 重ね用シャクリ付き(約14mm) 1ヶ所
BE-19172 重ね用シャクリ付き(約15mm) 1ヶ所
BE-12114 25mm 1ヶ所
WBE-22250 50mm 2ヶ所

ADVICE.3 継ぎ手

長手方向の継ぎ手は、胴縁の上で継ぎ合わせてください。

ADVICE.4 出隅と入り隅

出隅と入り隅:ヨコ張りサイディングの出・入り隅には三つの方法があります。

A)留め継ぎを用いた出・入り隅 図2(A)参照
B)コーナーボード(2x4=40x90mm)にサイディングを突き付ける場合 図2(B)参照 入り隅は2x2(38x38mm)
C)トリムボード(1x4=18x90mm)をサイディングにかぶせる場合 図2(C)参照 入り隅は1×1(20x20mm)
※出隅・入り隅のデザインは、施工者の屋外木工事の経験と技術を考慮してご選択ください。
出隅と入り隅

チャネルサイディング=タテ張り&ヨコ張り

ADVICE.1 釘打ち釘打ち

重ね部分に釘を打たないでください。釘打ちは図3(A)(B)をご参照ください。
チャネルの釘打ち

ADVICE.2 継ぎ手

タテ張りの継ぎ目は各々の端を45度にカットして、胴縁の上で継ぎ合わせてください。図4参照
タテ張り継ぎ手

ADVICE.3 ヨコ張りの出・入り隅

ヨコ張りの出・入り隅の施工はベベルサイディングと基本的に同じです。

ADVICE.4 タテ張りの出隅

タテ張りの出隅はサイディング同士の突き付け、又は目地をあけコーキングの充填。

本実サイディング=タテ張り(ヨコ張りも可)

ADVICE.1 釘打ち

釘打ちは図5(A)(B)をご参照ください。
本実サイディングの取付施工

ADVICE.2 継ぎ手

タテ張りの継ぎ目は各々の端を45度にカットして、胴縁の上で継ぎ合わせてください。図4参照

ADVICE.3 ヨコ張りの出・入り隅

ヨコ張りの出・入り隅の施工はベベルサイディングと基本的に同じです。

ADVICE.4 タテ張りの出隅

タテ張りの出隅はサイディング同士の突き付け、又は目地をあけコーキングの充填。
cashless780
枕木 アプローチや花壇に最適
耐久性抜群ウリン(アイアンウッド)製の枕木です。
アプローチや飛び石、花壇や家庭菜園の土留めに最適です。
高級天然木サイクルスタンド(レッドシダー製)
耐久性抜群のレッドシダー製サイクルスタンドです。
「ナチュラル」「ホワイト」「ダークブラウン」の3色からイメージに合わせてお好きに選べます。
卒業記念 テーブルベンチキット
【卒業記念品】ガーデン テーブル&ベンチ 簡単組立キット
せっかくの卒業記念品なので、卒業生自らの手で作りませんか。
pickmaximum

 塗りやすく非常に高い防水、防カビ、紫外線防止効果を発揮する水性の木材保護塗料です。

 「スーパーデッキ」に代わる弊社イチオシのウッドデッキ用塗料です。

重ね塗り不要!木材保護塗料「スーパーデッキ」
木材を長持ちさせるためにオススメの「スーパーデッキ」のご紹介です!1度塗りで撥水性、耐久性に非常に優れた塗料です。カラーバリエーションも豊富!
皿取錐
非常に硬い木材は、ビス止めの際、下穴とともに、ビスの頭部分も一緒に皿取り加工することが必要です。「皿取錐」なら一撃でビスの皿取り加工が可能です!
硬質木材専用ビス
硬い木材用に開発された、ネジ切れを起こさない専用ビス「錐込隊長」をご紹介いたします!
ラティスフェンス
ウェスタンレッドシダーでつくられた、大型ラティス(フェンス)です!あらゆるシーンでご利用いただけます。
ステンレスコーススレッド
ステンレス製のビス「ステンレスコーススレッド」のご紹介です!木材の腐食もおさえられます!
お問い合わせフォーム
お問い合わせお見積り依頼書