HOME > ウッドデッキの作り方 > ウッドデッキの作り方:ウッドデッキ完成!

ウッドデッキの作り方:ウッドデッキ完成!

ステップ8 「ウッドデッキ完成」

ウッドデッキの作り方ステップ8 「ウッドデッキ完成」

ウッドデッキ完成

ウッドデッキ完成
ついに完成したウッドデッキ
製作時間は、なんとわずか半日で完成しました。
店長がサポートしたとはいえ、DIYは全くの素人である当店のスタッフ2人が大部分を作成しました。DIY初心者でもここまでのウッドデッキが作れるということが証明になったと思います。
作ってみて初めて分かることですが、木材を切ったり、木ネジで取り付けたりするよりもその準備の方が大変なんですね。
正確な設計図を描いて、その図面に従って必要な資材を揃えて、
寸法通りにカット出来ればデッキの半分は完成したも同然です。
DIYは全く素人だった2人。自信がついたようです。
カットした木材と部材が揃えば、あとはプラモデルのように設計図通りに組み立てていくだけです。
素人仕事なので、どうしても誤差やズレが生じますがその時はその時。その場で切ったり削ったりして調整すればいいのです。
水平と垂直さえきちんと出ていれば、少々荒削りでも完成すれば快適なウッドデッキとなるんです。常に設計図をそばに置いて確認しながら間違いな組み立てていけば大丈夫。

作ったスタッフ2人も、「面白かったのでまた作りたい。」と一度作った事で自信がついたようです。DIYの素人でも事前の段取りさえきちんとすれば、ここまで出来る。
ここまで読んでくださった方、是非休日にチャレンジしてみてください!
出来上がった時の、それまでの苦労が吹き飛ぶ快感をあなたにも味わって欲しいです。
道具や木ネジは常に手元に整理しておこう。
プロの方の仕事を見ていると分かるのですが、
プロと素人とは要領が異なります。
例えば、ビスを打つ場合でもウエストバッグなどに常に入れておき、すぐに取り出せるようにしています。
道具や工具は使わない場合は所定に位置に戻し、次に使うときに探さないですぐに作業に取り掛かれるように準備しています。

次に使うシーンを想定して作業しているところが素人の人と違うところだと思います。
現場には子供がいる場合もあります。
プロは丸ノコなどの電動工具は使わないときは必ずコンセントを抜いています。

このようなプロの要領の良さを見習うようにすると作業効率が圧倒的に良くなります。
前のステップに戻る

ウッドデッキ作り方TOPへ

高級天然木サイクルスタンド(レッドシダー製)
耐久性抜群のレッドシダー製サイクルスタンドです。
「ナチュラル」「ホワイト」「ダークブラウン」の3色からイメージに合わせてお好きに選べます。
pickmaximum

 塗りやすく非常に高い防水、防カビ、紫外線防止効果を発揮する水性の木材保護塗料です。

 「スーパーデッキ」に代わる弊社イチオシのウッドデッキ用塗料です。

重ね塗り不要!木材保護塗料「スーパーデッキ」
木材を長持ちさせるためにオススメの「スーパーデッキ」のご紹介です!1度塗りで撥水性、耐久性に非常に優れた塗料です。カラーバリエーションも豊富!
皿取錐
非常に硬い木材は、ビス止めの際、下穴とともに、ビスの頭部分も一緒に皿取り加工することが必要です。「皿取錐」なら一撃でビスの皿取り加工が可能です!
硬質木材専用ビス
硬い木材用に開発された、ネジ切れを起こさない専用ビス「錐込隊長」をご紹介いたします!
ラティスフェンス
ウェスタンレッドシダーでつくられた、大型ラティス(フェンス)です!あらゆるシーンでご利用いただけます。
ステンレスコーススレッド
ステンレス製のビス「ステンレスコーススレッド」のご紹介です!木材の腐食もおさえられます!
お問い合わせフォーム
お問い合わせお見積り依頼書