HOME > ウッドデッキのコラム > ウッドデッキのメンテナンスについて > イタウバを使用したウッドデッキのDIY作品 #37『小原様』

初心者でも安心!DIYでウッドデッキを塗装する方法と注意点

「ウッドデッキの塗装の仕方がわからない。」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
ウッドデッキの塗装は難しいですが、注意点を押さえるだけでも仕上がりが良くなります。
そこで今回は、DIYでウッドデッキを塗装する方法と注意点を解説します。

DIYでウッドデッキを塗装する方法と注意点

ウッドデッキを上手く塗装するための第一歩は、施工手順を守ることです。
ここでは正しい施工手順を紹介します。

・洗浄と下地処理
まずは、カビや汚れを洗浄します。
これらを残したまま塗装しても、塗料が木材に密着せず、短時間で剥がれる原因になります。
洗浄できたら、研磨機を使用して、表面を研磨しましょう。
そうすることで、塗料の密着性がさらに高まります。

・養生
塗料が飛散したり、飛散によって意図しない場所に塗料が付着したりするのを防ぐためにも、塗装しない部分をマスキングテープで養生しましょう。
養生は非常に面倒な作業ですが、養生するかしないかでその後の作業効率が大きく変わります。

・塗装
刷毛やローラーを使って木目に沿って塗料を塗っていきます。
塗る順番は、木材の隙間、隅、平面の順です。

ウッドデッキを塗装する際は、以下の点に注意しましょう。

・塗りにくい部分から塗装する
床板の隙間や手すりなど、塗りにくい部分から塗装してから、平面を塗りましょう。
先に平面を塗ってしまうと、その後別の箇所が塗りにくくなってしまいます。
また、平面を塗ると、それだけでウッドデッキの大部分を塗ったことになり、満足しがちです。
そのため、まずは塗りにくい箇所から塗装しましょう。

・木目に沿って1枚ずつ塗装する
複数枚の床板を一気に塗る方がいらっしゃいますが、色むらが出やすいです。
1
枚ずつ塗装した方が木目の雰囲気を出せます。

・塗料をしっかりかき混ぜる
塗料は放置すると、成分が分離してしまっています。
塗装前に塗料をしっかりかき混ぜておきましょう。

・乾燥させてから塗装する
塗装面が湿っていると、塗料の密着性が悪くなります。
そのため、十分に乾燥させてから塗装しましょう。
早く乾燥させられるように、作業は晴れた日に行うのが良いのではないでしょうか。

 

 

まとめ

今回は、DIYでウッドデッキを塗装する方法と注意点を解説しました。
注意点をしっかり押さえて、自分だけのウッドデッキを作りましょう。




ユージさんのYoutube企画に協力しました!
メッシュフェンス用簡単フェンス材 特別価格
メッシュフェンス用の簡単取付けフェンス材(さくさくエクステリア使用)
道具なしで、誰にでも簡単に取付けできるおしゃれな木製フェンス材です。
枕木 アプローチや花壇に最適
耐久性抜群ウリン(アイアンウッド)製の枕木です。
アプローチや飛び石、花壇や家庭菜園の土留めに最適です。
高級天然木サイクルスタンド(レッドシダー製)
耐久性抜群のレッドシダー製サイクルスタンドです。
「ナチュラル」「ホワイト」「ダークブラウン」の3色からイメージに合わせてお好きに選べます。
latba.banner790
耐久性抜群のセランガンバツ製ラティスフェンスなら、無塗装メンテナンスフリーでも約20年の耐久性が期待できます!
卒業記念 テーブルベンチキット
【卒業記念品】ガーデン テーブル&ベンチ 簡単組立キット
せっかくの卒業記念品なので、卒業生自らの手で作りませんか。
pickmaximum

 塗りやすく非常に高い防水、防カビ、紫外線防止効果を発揮する水性の木材保護塗料です。

 「スーパーデッキ」に代わる弊社イチオシのウッドデッキ用塗料です。

重ね塗り不要!木材保護塗料「スーパーデッキ」
木材を長持ちさせるためにオススメの「スーパーデッキ」のご紹介です!1度塗りで撥水性、耐久性に非常に優れた塗料です。カラーバリエーションも豊富!
皿取錐
非常に硬い木材は、ビス止めの際、下穴とともに、ビスの頭部分も一緒に皿取り加工することが必要です。「皿取錐」なら一撃でビスの皿取り加工が可能です!
硬質木材専用ビス
硬い木材用に開発された、ネジ切れを起こさない専用ビス「錐込隊長」をご紹介いたします!
ラティスフェンス
ウェスタンレッドシダーでつくられた、大型ラティス(フェンス)です!あらゆるシーンでご利用いただけます。
ステンレスコーススレッド
ステンレス製のビス「ステンレスコーススレッド」のご紹介です!木材の腐食もおさえられます!
ジャパン・ウッドパネル
お問い合わせフォーム
お問い合わせお見積り依頼書