HOME > ウッドデッキのコラム > ウッドデッキのDIYについて > ウッドデッキをDIYする方へ!基礎作りの工程について紹介!

ウッドデッキをDIYする方へ!基礎作りの工程について紹介!


ウッドデッキをDIYで作る時、まず最初に撮りかかる工程が基礎作りです。
何も知識が無いままDIYするのは無謀ですよね。
そこで今回は、DIYにおける基礎作りの工程を紹介します。


基礎作りの工程


基礎作りの工程には、割栗地業(わりぐりじぎょう)・基礎工事・土台作りと簡単に3つの段階があります。
それらのポイントを紹介します。

 

割栗地業(わりぐりじぎょう)とは、聞きなれない言葉ですが、砂利事業とも言い、地盤を掘った底部分に砂利などを敷き詰めて、締め固める作業のことです。

 

続いて基礎工事について紹介します。
基礎工事とは割栗地業を終えた後に、地盤の上に基礎石(束石)を設置する工程のことを指します。

 

ちなみに基礎石(束石)とは束柱(つかはしら)を支えるコンクリート製の基礎のことを指します。
基礎石(束石)にはサイズがいろいろとありますが、設置面積広ければ広いほうが沈み込みが少ないため、基本的に広いものを選ぶのが良いでしょう。

 

最後に土台作りについて紹介します。
基礎工事を終えたら、束柱や根太を組んで土台作りを行います。
土台作りで最も大切なことは、土台の高さを均一になるように水平をとることです。

 

DIYでは、全ての基礎石の高さを均一にすることは困難ですので、束柱の高さを調整することで、土台を水平に保つ方法がおすすめです。
完成後に外観上見えない部分には、鋼製の調整束を使用するのもひとつです。

 

ここからは基礎作りをする際のポイントをいくつか紹介します。
ポイントを知っておくことで、今までDIYの経験がない方も安定して取り組めますよ。

 

1つ目のポイントは基礎を作る前に、まず作りたいウッドデッキの高さを決めるようにしましょう。
この高さによって、どれくらい基礎石を埋めるか、どれくらいの高さにするかといった材料のコストにも関係するポイントを決められます。

そのため、ウッドデッキの基礎作りをする前には、図面化してイメージを明確にするようにしましょう。

 

2つ目はこのウッドデッキの基礎に使う材料は、なるべくまっすぐなものを選びましょう。
見えない部分にこだわるのが、良いウッドデッキを作るコツです。


まとめ


今回はDIYにおける基礎作りの工程を紹介しました。
基礎工程は初心者の方にも比較的簡単にできるDIYです。
DIYをお考えの方はぜひ一度、この記事を参考にしてみてください。

 

ユージさんのYoutube企画に協力しました!
メッシュフェンス用簡単フェンス材 特別価格
メッシュフェンス用の簡単取付けフェンス材(さくさくエクステリア使用)
道具なしで、誰にでも簡単に取付けできるおしゃれな木製フェンス材です。
枕木 アプローチや花壇に最適
耐久性抜群ウリン(アイアンウッド)製の枕木です。
アプローチや飛び石、花壇や家庭菜園の土留めに最適です。
高級天然木サイクルスタンド(レッドシダー製)
耐久性抜群のレッドシダー製サイクルスタンドです。
「ナチュラル」「ホワイト」「ダークブラウン」の3色からイメージに合わせてお好きに選べます。
latba.banner790
耐久性抜群のセランガンバツ製ラティスフェンスなら、無塗装メンテナンスフリーでも約20年の耐久性が期待できます!
卒業記念 テーブルベンチキット
【卒業記念品】ガーデン テーブル&ベンチ 簡単組立キット
せっかくの卒業記念品なので、卒業生自らの手で作りませんか。
pickmaximum

 塗りやすく非常に高い防水、防カビ、紫外線防止効果を発揮する水性の木材保護塗料です。

 「スーパーデッキ」に代わる弊社イチオシのウッドデッキ用塗料です。

重ね塗り不要!木材保護塗料「スーパーデッキ」
木材を長持ちさせるためにオススメの「スーパーデッキ」のご紹介です!1度塗りで撥水性、耐久性に非常に優れた塗料です。カラーバリエーションも豊富!
皿取錐
非常に硬い木材は、ビス止めの際、下穴とともに、ビスの頭部分も一緒に皿取り加工することが必要です。「皿取錐」なら一撃でビスの皿取り加工が可能です!
硬質木材専用ビス
硬い木材用に開発された、ネジ切れを起こさない専用ビス「錐込隊長」をご紹介いたします!
ラティスフェンス
ウェスタンレッドシダーでつくられた、大型ラティス(フェンス)です!あらゆるシーンでご利用いただけます。
ステンレスコーススレッド
ステンレス製のビス「ステンレスコーススレッド」のご紹介です!木材の腐食もおさえられます!
ジャパン・ウッドパネル
お問い合わせフォーム
お問い合わせお見積り依頼書