HOME > ウッドデッキのコラム > ウッドデッキのDIYについて > 外部の既存RC階段の仕上げをウリンの踏面材にて #74 『雨宮様』

ウッドデッキをDIY!基礎構造について紹介します!

基礎構造


一見すると簡単に作れそうなウッドデッキですが、構造を理解して制作にとりかからなければ、納得のいくものができず、後悔するかもしれません。
DIYをお考えの方はしっかりと基礎構造を理解しておきましょう。
ウッドデッキの基礎は、主に5つのもので構成されています。
まず、その1つである基礎石と束柱を紹介します。


基礎石とは、束柱を支える地盤に設置するコンクリート製のものを指します。
自分のウッドデッキに合わせた基礎石を使用してください。

基礎石の役割はウッドデッキを支えることです。
製作の中では最も重要な部分であるため、水平を確認しながら慎重に設置しましょう。

続いて束柱について紹介します。
束柱とは基礎石の上に乗る柱の部材のことです。
束柱を置く位置や本数がウッドデッキの安定感に関係するため、造りたいデッキの広さに対して、適切に配置する必要があります。基本的には縦横各1メートル以内の間隔での設置が望ましいです。

次に、根太について紹介します。
ウッドデッキの床面を作る際に、デッキ材の下に渡してデッキ材同士をつなげ、床を支える土台の役割を持つのが根太です。
床板に対して直角に張られます。

次に根がらみについて紹介します。
根がらみとは、束同士を連結させて、ゆがみや揺れを防ぐための板です。

根がらみは根太を補強するために、根太の下に設置します。
根太部の下に根がらみを入れるかどうかは人それぞれですが、より強度の高いものを作りたい、という人は設置すると良いでしょう。

最後に大引きについて説明します。
大引きは、根太と直交する向きに根太材を下から支える材のことです。大引きを入れることでウッドデッキの構造を強固にします。

デッキの高さが300ミリメートルを超える際に大引きを配置することが多いでしょう。
根太のみで下地を組む方法を「根太シングル工法」、根太と大引きを組み合わせる方法を「根太クロス工法」と呼びます。

今回は、少し専門的なウッドデッキの構造について紹介しました。
DIYにてウッドデッキを制作する際の参考にしていただけましたら幸いです。
ウッドデッキのある生活は、気分をウキウキさせてくれる気がします。
ぜひ、有意義なウッドデッキライフをお楽しみください。


まとめ


今回はウッドデッキの基礎構造について解説しました。
DIYをお考えの方は基礎構造をご理解いただけましたでしょうか。
こちらの記事を参考にして、ぜひ一度、ウッドデッキをご検討ください。


この作品を見た人はこんな作品も見ています

ユージさんのYoutube企画に協力しました!
メッシュフェンス用簡単フェンス材 特別価格
メッシュフェンス用の簡単取付けフェンス材(さくさくエクステリア使用)
道具なしで、誰にでも簡単に取付けできるおしゃれな木製フェンス材です。
枕木 アプローチや花壇に最適
耐久性抜群ウリン(アイアンウッド)製の枕木です。
アプローチや飛び石、花壇や家庭菜園の土留めに最適です。
高級天然木サイクルスタンド(レッドシダー製)
耐久性抜群のレッドシダー製サイクルスタンドです。
「ナチュラル」「ホワイト」「ダークブラウン」の3色からイメージに合わせてお好きに選べます。
latba.banner790
耐久性抜群のセランガンバツ製ラティスフェンスなら、無塗装メンテナンスフリーでも約20年の耐久性が期待できます!
卒業記念 テーブルベンチキット
【卒業記念品】ガーデン テーブル&ベンチ 簡単組立キット
せっかくの卒業記念品なので、卒業生自らの手で作りませんか。
pickmaximum

 塗りやすく非常に高い防水、防カビ、紫外線防止効果を発揮する水性の木材保護塗料です。

 「スーパーデッキ」に代わる弊社イチオシのウッドデッキ用塗料です。

重ね塗り不要!木材保護塗料「スーパーデッキ」
木材を長持ちさせるためにオススメの「スーパーデッキ」のご紹介です!1度塗りで撥水性、耐久性に非常に優れた塗料です。カラーバリエーションも豊富!
皿取錐
非常に硬い木材は、ビス止めの際、下穴とともに、ビスの頭部分も一緒に皿取り加工することが必要です。「皿取錐」なら一撃でビスの皿取り加工が可能です!
硬質木材専用ビス
硬い木材用に開発された、ネジ切れを起こさない専用ビス「錐込隊長」をご紹介いたします!
ラティスフェンス
ウェスタンレッドシダーでつくられた、大型ラティス(フェンス)です!あらゆるシーンでご利用いただけます。
ステンレスコーススレッド
ステンレス製のビス「ステンレスコーススレッド」のご紹介です!木材の腐食もおさえられます!
サビに強いコーススレッド
サビ(錆)に強いコーススレッド。新開発の加工技術によりコストを抑えつつ、ステンレス製品よりも優れた耐久性と強度を発揮します。
ジャパン・ウッドパネル
お問い合わせフォーム
お問い合わせお見積り依頼書